logo

 

 

佐藤満夫・山岡強一監督作品

ドキュメンタリーフィルム / 16mmカラー / 110分 / 1985年

yama_top

  映画では腹は膨れないが敵への憎悪をかきたてることはできる    -佐藤満夫
  カメラは常に民衆の前で解体されていく   これが本当のドキュメントだと思う   -山岡強一

この映画の冒頭では、次のような字幕が、山谷地区の遠景を背景にして映し出されます。
「1983年11月3日 日本国粋会金町一家西戸組が日の丸を掲げ山谷争議団に対し 武装襲撃をかけた。 以来、一年余に及び闘いが繰り広げられた」

日雇労働者の街山谷の労働者を、日の丸の下で一元的に支配・管理しようとする右翼暴力団の試みでした。「山谷越冬闘争を支援する有志の会」に所属してい た佐藤満夫監督は、1984年12月に文字通り山谷のど真中にカメラを据えて、山谷労働者の姿を正面から撮影するドキュメンタリー映画制作の作業に取りかかります。ところが、映画がクランクインしてまだ1か月もたたない1984年12月22日早朝、佐藤満夫監督は、日本国粋会金町一家西戸組組員の凶刃に斃 れます。冒頭の字幕に続いて、映画に登場するのが、山谷の路上に倒れた、微かにまだ息のある佐藤満夫監督自身の姿でした。映画の物語を組み立てる当の監督が映画の冒頭から倒れている。これは、通例、物語の終了を意味します。しかし、この映画では、むしろ物語の始まりとなっています。

佐藤満夫監督の断ち切られたフィルムが残されました。翌年1985年2月3日におこなわれた『佐藤満夫さん虐殺弾劾! 右翼テロ一掃! 山谷と全国を結ぶ人民葬』で、佐藤満夫監督が殺されてから一年の間に映画を完成することが、参集した人々の前で約束されました。ここに断ち切られたフィルムを繋れまし た。「カメラは常に民衆の前で解体されていく-これが本当のドキュメントだと思う」とは、山岡強一監督が、この映画の上映運動に託した言葉です。山岡強一 監督は、山谷で始まって山谷で終わる強固な円環を打ち破る中味は何かという問いかけを上映運動に託し、この試みは現在なお継続しています。


追悼の集いと上映会のお知らせ

 

◎11月13日(土) 午後2時より(1時30分 開場)
〈追悼集会〉
・生前の映像、・友人たちのお話、・献杯、など
◇日本キリスト教会館 4階
    新宿区西早稲田 2-3-18
参加費:1,200円(資料代込み)

◎14日(日) 午後2時30分 開場/3時 上映
〈映画と講演〉
・『山谷 やられたらやりかえせ』(監督:佐藤満夫、山岡強一)
・上映後、17時頃から 講演
「竜さんの思想と行動」(仮題)
    原口 剛(神戸大教員)
◇ふらっとにっぽり 3階
   東日暮里六丁目17番6号(日暮里駅 徒歩8分)
入場料:1,000円

問合せ:「山谷」制作上映委員会
090−3530−6113(小見)


風間竜次さんを悼む

 映画「山谷 やられたらやりかえせ」より

「山谷」制作上映委員会のメンバーでもあった風間竜次さんが、2月22日に亡くなりました。竜さん──みんなが親しみを込めて、そう呼んだ──は、下記の「回想録」紹介にもあるように、1970年代のはじめから、釜ヶ崎、山谷で「流動的下層労働者」解放の闘いを切り開き、常に労働者の主体性を基本に置いた闘争を繰り広げてきました。

竜さんは、一昨年の夏あたりから胃の不調を覚え、医者にかかって「癌」と分かりましたが、自らを奮い立たせ、自己の存在をかけて「ガン戦線」でも闘いを続けてきました。

『〜釜ヶ崎無宿』の発行日の2月18日は竜さんの73歳の誕生日でした。病床で、出来上がった本をうれしそうに眺めていたそうです。
われわれは、掛け替えのない、大きな存在をなくしました。ほんとうにくやしい。
                                   ──「山谷」制作上映委員会

『でくのりゅうの釜ヶ崎無宿――挽歌とノスタルジー』

風間竜次 著
A5並製、80頁
発行 2021年2月18日
頒価1000円(送料込)
ご注文は送付先を明記の上、「予約・お問合せ」のページよりご連絡ください。

本書は、1970年代初頭から90年代にかけて釜ヶ崎・山谷を拠点に流動的下層労働者解放の闘いを前線で担ってきた通称「りゅう」こと風間竜次の釜ヶ崎時代の回想録である。
映画『山谷やられたらやりかえせ』のなか3つの場面で、りゅうを目にすることができる。都庁山谷対策部との交渉場面(怒り、そしてマイクを机に投げつける)、山谷の夏祭りで幼い息子を抱いて盆踊りに興じる、そして高層ビルでトビとして働く姿である。
さて、1971年春、釜ヶ崎に日雇労働者として降り立ったりゅうにとって、その後の人生を決する邂逅となったのは、釜ヶ崎労働者たちのやむにやまれぬ怒りの表現《暴動》であり、そして船本洲治との出会いであった(船本の活動については、彼の著書『黙って野たれ死ぬな』共和国、2018年に詳しい)。
1970年代前半期は、釜ヶ崎・山谷の運動にとって画期をなす労働者の熾烈な闘いがたたかわれた時代である。りゅうは、船本たちとともに「暴力手配師追放・釜ヶ崎共闘会議」を結成、赤裸々な暴力を手に釜ヶ崎を支配していた暴力団・手配師、悪質業者とたたかい、寄せ場における支配と被支配の力を逆転させるに至った。しかし、たたかいにはすべからく、陽が差す歓喜の瞬間と暗雲たちこめる時間が交互におとずれる。「闘争の利益は人民に、不利益は活動家に、不利益は組織に」。これこそ「常に立ち返るべき普遍的な思想である」とりゅうは最後に結ぶ。
本書には、資料篇として、たたかいの日々の中で書かれたりゅうの若書きの文章、そして後年、済州島、旧「満洲」を訪れたさいの紀行文を掲載した。タイトルを「無宿」としたのは、「釜ヶ崎で活動をすることを決めた時、匿名で、すなわち無宿で生きることにした」からであると述べている。本書は、1982年の日雇全協結成を経て、山谷での右翼暴力団金町一家との熾烈な闘いの嚆矢となる83年11月で終わる。後篇となるべき「山谷無宿」篇刊行が望まれる所以である。(「山谷」制作上映委員会 K)