about us

発見の会 上演記録 1964 〜 (製作中)

1964    2月    発見の会旗揚げ公演 広末保作『新版裏表四谷怪談』(演劇座と合同公演)
1965    5月    F.アラバ−ル作『ファンドとリス』
6月    番外公演 F.アラバ−ル作『祈り』R.フィリュウ作『ポイポイ』『自作詩朗読』
7月    『立体詩の試み』 F.アラバ−ル作『戦争のピクニック』
9月    木島始作『だれの御慈悲で』『喜逸K判事の法廷』
11月    深沢七郎作『かげろう囃子』
1966    1月    R.フィリュウ作『ポイポイ』 阪田寛夫作『いしきり』
3月    竹内健作『ワクワク学説』
5月    石川淳作『おとしばなし和唐内』
7月    内田栄一作『ゴキブリの作りかた』
9月    今野勉作『一宿一飯』
11月    内田栄一作『ゴキブリの作りかた』
1967    2月    内田栄一作『流れ者の美学』
4月    今野勉作『エンツェンスベルガー「政治と犯罪」よりの幻想』
8月    特別公演『チャンポンめんを待ちながら』
ハプニングとゴーゴーフェスティバル/LSDとハイ  ミナール味くらべ大会ー
9月    内田栄一作『ゴキブリの作りかた』
10月    今野勉作『一宿一飯』
11月    上杉清文・内山豊三郎作『此処か彼方処かはたまた何処か』
12月    今野勉・佐々木守作『千日島のハムレット』(ひとみ座合同公演)
1968    2月    鶴屋南北作『金弊猿島都』
3月ー5月    上杉清文・内山豊三郎作『此処か彼方処かはたまた何処か』
9月    上杉清文作『誰がアリスを殺したか』
11月    内山豊三郎作『girl-がある』
11、12月    今野勉作『エンツェンスベルガー「政治と犯罪」よりの幻想』
1970    6月    上杉清文作『怨霊血染めの十字架』
1971    4、5、6、7月    上杉清文作『花吹雪緑姿絵ーロビンフッド』
8、9月    今野勉構成『ソウル・フル・テロモグラ』
1975    6、7月    映画『味覚革命論序説』完成イベント『アクション料理教室』
1978    7月    上杉清文作『不純異星交遊』
1979    1月    今野勉作『一宿一飯』
11月    上杉清文作『熱中爆裂時代』
1980    6月    西村仁作『茯苓は叫びたり』
9月    筒井康隆作『ヒノマル酒場』
1981    4月    上杉清文作『よろめきの星座』
1982    1月    西村仁作『かたゆでタマゴの作りかた』
5、6、7、8、9、10、11月 『パフオル’82』(都内7ケ所公演、西日本行商巡礼旅18ケ所公演)
12月    W.シェイクスピア作『ハムレット』
1983    3、4月    W.シェイクスピア作『十二夜』(韓国ソウル三一路倉庫劇場にて)
9月    有馬則純作『<熱血韓国無頼趙世衡伝>大盗マッカリ、ヤクチュウ、ドンドンチュウ』
9、10、11月    『パフオル’82』(東北、北海道行商巡礼旅15ケ所)
1984    9月    韓日フェスティバル1984開催
鶴屋南北作『東海道四谷怪談』
1986    7月    佐々木守作『河内音頭堀川波鼓』
1987    7月    佐々木守作『鬼道感衆』
1988    7月    西村仁作『かばねやみ』
1989    2月    安田幸信作『春の祭典』
7月    安田幸信作『リズム』
1990    2月    韓国映画『馬鹿宣言』公開イベント公演『’90東京馬鹿宣言』
9月    チェーホフ作『ワーニャ伯父さん』
12月    チェーホフ作『結婚申しこみ』『アニュータ』、『創立記念祭』
1991    4月    アラバール作『戦場のピクニック』
7月    有馬則純脚色『国定忠治』
1992    1月    安田幸信作『ポロロッカ』
6月    チェーホフ作『白鳥の歌』 E.オールビー作『動物園物語』
10月    F.アラバ−ル作『ファンドとリス』
1993    6月    有馬則純作『テッペンカケタカ不如帰』
1995    3月    上杉清文作『明治嵐が丘』
11月    安田幸信作『至福千年』
1996  11月    上杉清文作『明治魔の山』
1997    8月    櫻井大造作『桜姫シンクロトロン御心臓破り』
2003    6月    有馬則純作『福田荘解体物語』
12月    上杉清文作『獨々逸イデオロギー』
2004    7月    上杉清文作『蛙茶楽花四谷怪談』
2004  12月    上杉清文作『花田・アングラ・清輝 もう一つの修羅』
2005  11月  有馬則純作『幸福のロン  ーシアワセのあさってー』
2006    5月  上杉清文作『革命的浪漫主義』
2011  10月     上杉清文翻案『復興期の精神 春と修羅場』

2 Comments

  1. 返信
    上杉清文 2018年9月6日

    劇作家・上杉清文です。

    いくつかの作品名に間違いがありますので、修正を提示いたします。

    1964 2月   正 『新版裏表四谷怪談』
    1965 11月   正 深沢七郎作『かげろう囃子』
    1966 7月   正 『ゴキブリの作りかた』   ※以降 同年11月、67年9月も同様
    1967 11月   正 『此処か彼方処かはたまた何処か』  ※以降 68年3月も同様
    1981 4月   正 『よろめきの星座』

    以上です。
    宜しくお願いいたします。

  2. 返信
    hk_adm 2018年9月13日

    ご指摘、ありがとうございます。修正しておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>