公演情報

title

二重瞼の母

 

 作  上杉清文
 演出
 有馬則純
 音楽 
不破大輔 

 出演
 飯田孝男 ひろ新子  伊郷俊行 輿石悦子 
 ヨッシー唄子 有馬則純 後藤恭徳 鈴木祐弘
 反町鬼郎 笠原真志 林周一 帯刀はるこ
 スギ真由美 河内哲二郎 吉成淳一
 堀井政宏 リアルマッスル泉 吉田佳世

 STAFF
 演 出 補
/牧口元美 
 
音楽/不破大輔 グラシャス坂井 辰巳光英 
 関根真理 杉田一夫 
 美術
/深川信也 美術・衣裳協力/上木文代
 藤島かずみ・新井香代後藤淳一・南波瑞樹 
 照明/辻井太郎 照明助手/前田さやか
 音響/吉田光利 振付/板東冨起子 
 舞台監督
/後藤恭徳 舞台協力/和田康
 宣伝美術
/深川信也   撮 影/山下恭弘
 制作
/発見の会
 制作協力/ホッタ&ジギー・ヲザキ浩実
 えまくにえ・細井博子・小岩 ZaZa・風煉ダンス

料金予約・前売り ◆ 3,500円
     当日   ◆ 4,000円

公演日schedule


会場
上野ストアハウス
     東京都台東区北上野1-6-11 NORD BLDG B1

map_l

 

<予約・問い合わせ>  発見の会  080(3939)2020  このページからも予約できます。

2 Comments

  1. 返信
    伊達 政保 2014年7月5日

    評者◆伊達政保

    虚実ない交ぜにした昭和十年を抉り出す――「発見の会」創立五十周年記念公演第一弾『新版・二重瞼の母』

    図書新聞No.3166 ・ 2014年07月12日号

     元祖アングラ劇団とも言える「発見の会」は、今年創立五十周年を迎えた。その記念公演第一弾として『新版・二重瞼の母』作・上杉清文、演出・有馬則純、音楽・不破大輔が上演された。本公演としては三年振りであり、その間、一昨年には劇団の主宰者である瓜生良介氏、続いて最年少劇団員市村まゆ子、今年に入り西村仁が亡くなっている。
     この作品は二十七年前に上杉が自分の劇団で上演した改作・再演であるという。冒頭ブリジッド・フォンテーヌの「ラジオのように」が流れる中、ひろ新子の発見の会とは異質の、まるで状況劇場を思わせるような演技から始まった。あれっと思った途端、ストンと発見の会の芝居に転換した。時は昭和十年、浅草の芝居小屋「紅座」を舞台に、劇中劇として長谷川伸作「瞼の母」(初演ではシェイクスピア「真夏の夢」だったという)と「能・蝉丸」の浅草レビュー版が挟み込まれて展開する。当時、作者自ら一身上の変化により上演を禁じた「瞼の母」、帝の子捨てとは不敬であると上演を禁じられた「蝉丸」(同年出版の「ドグラ・マグラ」の中で夢野久作は上演禁止を批判)を並べ、喜多流師範杉山泰道即ち夢野久作(飯田孝男が好演)に「蝉丸」の口上をさせるとはさすが上杉。当然、ハチャメチャ、ドタバタ、ダジャレ連発の発見の会の芝居は健在で、輿石悦子、吉田京子の大女優による宝塚レビューの存在感と貫禄には負けた。「風煉ダンス」など発見の会に近しい役者たちも大健闘していた。
     上杉清文の博覧強記は、山田風太郎もかくやと思わせるばかりに、虚実ない交ぜにした昭和十年を抉り出していく。川端康成、伊藤晴雨、江戸川乱歩、江戸川蘭子、竹久夢二(「宵待ち草」の歌を出すだけ)、李香蘭、辻潤など、出るわ出るわ。オイラとてもじゃないが付いていけない。そして翌年には二・二六事件が起こる。「紅座」の座長甘栗蒸羊羮が栗原安秀中尉となり、四人のレビュー・ガールが磯部浅一元一等主計、鈴木金次郎少尉、安藤輝三大尉、野中四郎大尉になるとは、まあなんと。大魔王(北一輝)には杉山茂丸の息子である杉山泰道を会いに行かせているのだ。これこそアングラ、ドタバタ、反権力の真骨頂である。
     アングラといえば、唐十郎が新宿梁山泊に書下ろした「風のほこり」(カジノ・フォーリーの捩り)も、昭和五年(翌年満州事変)の浅草の劇団を舞台とした話だった。状況風の世話物でドタバタ抜きだがね。
     そして音楽だ。不破大輔のベース、グラシャス坂井の三味線、トランペットとドラムの生劇伴は劇に合わせ、時にはテーマをまたはアドリブで、芝居をしっかりと支えていた。さすが。

  2. 返信
    矢野 公彦 2014年8月9日

    はじめまして、私は佐賀県人ですが、遠い昔、獨協大学時代 演劇研究会劇団パゥワーに所属しており、当時、一緒に活動していたメンバーに先輩である、輿石悦子という方がおられました。諸般の事情で、別れ別れになり、40年近くになるのですが・・最近になり、当時のことが思い出され、何気なしに、ITでさがしておりましたが・・・このサイトを見つけ、輿石さんの名前を確認したのですが。ステージの画像なども見ましたが、私の知っている、輿石 悦子氏ではないかと思い、メールいたしました。ご差し支えなければ、ご一報ください。せんぱ~い。上記httpに直近の私の状況も確認できます。
    以上
    PS東京在住だったら、ぜひ、公演見たいのですが・・なにせ、佐賀だから・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>